2017/03/20

退職まで十日余り

 二十日余りで四十両ではありませんが、もう十日あまりで教師生活が終わります。そう...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/10/22

『さようならオレンジ』 を読みました。

 『さようならオレンジ』 岩城けい 筑摩書房 978-4-480-80448-8...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/06/07

『出版業界の危機と社会構造』小田光雄 978-4-8460-0771-3 論創社 2007を読んだ。

 出版は企画から流通までを含んだ概念だ。印刷が電子化され、媒体がなくなっても、企...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/02

 『日本の放送をつくった男 フランク馬場物語』石井清司 毎日新聞社 4-620-31247-9を読みました。

『雨月物語』の英訳者、浜田健次を探しているうちに、この書物にたどりついた。浜田健...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/28

お久しぶりです。やはり虹はこちらですね。 そのうち書物についても復活します。 こ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/16

『東國闘戰見聞私記』の写本についてー下妻写本物語

 共立女子大学 文芸学部発行の『文学芸術』35号に載せてもらった一文です。訳あっ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/28

アメリカ史のトリビア補遺の補遺

 今日、2011.6.28の日経朝刊、8面の「地球回覧」はモルモン教の話だ。 h...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/19

懐かしく読みました。『ワシントン ハイツ GHQが東京に刻んだ戦後』秋尾沙戸子 新潮社 978-4-10-437002-3 2009.7.15

 『雨月物語』の英訳に“Tales of Moonlight And Rain”...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011/06/11

アメリカ史のトリビア補遺

 「アメリカ史のトリビア」で書いた植民地時代のアメリカ国旗の写真が見つかった。な...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/15

城南信用金庫

 以前、トラックバックしてくれました。母が融資を受けたこともありました。そのとき...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/06

何年ぶりだろう。

 久しぶりにパソコンを一台組みました。  新しいコンピュータはケースはそのままG...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/06

アメリカ史のトリビア

“AMERICAN HISTORY REVISED” SEYMOUR MORRI...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/01/25

『疑似科学入門』を読みました。

『擬似科学』池内了 岩波新書 978-4-00-431131-7  「はじめに」...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/10

”Modernism The lure of Heresy from Baudelaire to Beckett” Peter Gay ISBN978-0-099-44196-0 2007初版、VINTAGE BOOKS 2009を読みました

”Modernism The lure of Heresy from Baude...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/22

『天皇の世紀』を読みました。

 『天皇の世紀(朝日文庫 昭和53年4月20日 一刷 第17巻奥付)  『天皇の...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/08

朝焼けと虹

 今朝きれいな朝焼けでした。水を撒いていたら、虹に気がつきました。  なんと複虹...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/30

読みました。『この命義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(門田隆将 集英社 978-4-08-780541-3)

本書は第二次世界大戦直後の台湾に密航して、中華民国軍とともに共産軍と戦った旧日本...

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/05/12

読みました。 『ライアーズ・ポーカー』(マイケル・ルイス 東江一紀訳 パンローリング 2006.1.3初刷 2009.5.1三刷。978-4-7759-7062)

 西鶴の町人物を演習のテキストとして取り上げたので、現代の経済小説を読んでみよう...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/18

1932年の真珠湾攻撃

 “American History Rvised”に面白い記事が出ているという...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/08

“So Far From Bamboo Grove” (Yoko Kawashima Watkins Beech 1986 Tree Books 13-978-0-688-1311-9)を読みました。

 終戦時に、北朝鮮のロシア国境近くに暮らしていた一家、満州に行った父親の留守を守...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«読みました。『ロスト・シンボル』(上下、ダン・ブラウン、越前敏弥訳 角川書店 初版2010.3.3 978-4-04-791623-4 978-4-04-791624-1)